歯周病治療(3DS・PMTC)

歯周病治療

歯周病歯周病は生活習慣病です。サイレントデイジーズとも呼ばれ、知らないうちに進行し、自覚症状がでるのはかなり進行してからがおおいものです。

当院では、その原因がどこにあるのかを分析して患者様ひとりひとりに合った治療計画をたて、お口の機能回復をおこなってまいります。

一番だいじなことは、その後のメインテナンスです。
一度機能回復したお口のなかをいかに快適に維持していくかは、そのモチベーションをいかに持続するかにあるとおもいます。それには毎日のプラークコントロールと定期的なスケーリング(歯石の除去)3DS、PMTC〔機械的歯面清掃〕が必要になってきます。ぜひ歯周病をなおして快適なせいかつを送りましょう

歯周再生療法

「根の先に病気があっても抜かずに残せる可能性があります」

歯周再生療法という言葉をご存知でしょうか?
岩間歯科では、歯周再生療法により、歯周病が悪化して抜歯のレベルになるような歯でも歯の骨を再生して、自身の歯を再植する技術があります。

虫歯を放置していると歯根の先が化膿した状態になります。歯根の先の膿(うみ)はどんどんおおきくなり袋のような塊(かたまり)になります。専門用語では歯根膿疱(しこんのうほう)と呼び頬が腫れてきます。この袋は顎(あご)の骨を溶かしながら大きくなり、周りの骨がなくなるため最悪、歯を抜くことになります。

一度、抜歯しないといけなくレベルまで悪くなった歯は改善しません。
しかし歯の定期検診をすれば防げます。

「食べたかったアワビが食べられない」
「大好きなパリパリせんべいが食べられない」
「カラオケに行ったとき息が漏れてうまく歌えない」

歯周再生療法 自分の歯がなくなるということは悲しみや喪失感を感じずにはいられないものです。

もし、もう一度そこに自分の歯が生えるとしたらどうでしょう?抜歯したあとにインプラントではなく自分の歯を綺麗に清掃して再植するのです。

岩間歯科にはその技術があります。
岩間歯科では、歯周再生療法により、高度に歯周病が進んで望みがない歯でも歯槽骨を再生して歯を守ります。

根尖(こんせん)に膿疱(のうほう)のある歯でも、いったん抜歯して根尖病巣を摘出し、再生療法により自分の歯を再植し保存します。

生着するまでには、下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月かかります。
望みのないと言われた歯を救うことができたらこれほど幸せな事はないと思います。

いびき治療

うちの主人、いびきがうるさくて毎日ねむれないの、先生どうにかなりませんか、という患者様がお見えになったことがあります。いびきぐらいうちの犬でもかくよという方もおられますが、当事者どうしはそうもいかないようです。

そこで、スリープスプリントという装置を装着することで、その原因を解消していきましょう。静かで安全なナイトライフをお約束いたします。

3DS

3DS むし歯はむし歯菌(主としてミュータンス菌)による感染症です。一度むし歯菌が住みついてしまうと、除去はなかなか困難です。そして、その結果としてむし歯の発生・再発に悩まされることになるのです。

3DSとはDental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略称です。徹底したPMTCをおこなったあと、患者さんの口にあった専用トレーを使って薬剤を一定時間歯の表面に作用させてその効果を最大限発揮させようという方法です。

当院で行うクリーニング時に、あわせて3DSを行うことをお勧めします。効果は絶大です。

ミュータンス菌は歯の表面にだけ付着し、舌や歯肉の表面には付着することが出来ません。事実、歯が1本も生えていない新生児の口の中にはミュータンス菌はいません。この特性を逆に利用して歯だけに薬を使用することができればミュータンス菌だけを減少させることができるというわけです。

しかし、ミュータンス菌はバイオフィルムの内部で増殖していきます。この膜は、いったんできてしまうと日常生活のブラッシングで除去することは不可能で、飲み薬や塗り薬が直接効かない環境を作ってしまい、「磨いているのに虫歯ができる」状態になってしまいます。

また、口腔内に投与された薬はすぐに唾液により希釈・除去されてしまいます。そこで徹底したPMTCにより薬剤の浸透を妨げるバイオフィルムを取り除いた後、専用トレーを使って歯の表面に一定時間高い濃度の薬液を作用させることで口の中のミュータンス菌を減らすことができるのです。

この方法で、唾液に希釈されることなく、安全で確実に抗菌剤やフッ化物などの薬を塗布することができるのです。(かなりの予防効果が期待できますが、まったく虫歯にならないのではありません。ミュータンス菌以外にもむし歯を作る細菌があるからです。しかし、仮にむし歯になっても穴があくようなむし歯はできません。)

また、3DSでお口の中がさっぱりし、口臭も防げるというメリットもあります。
3DSを行うことにより、通常のブラッシングを続けているだけでムシ歯菌の少ない状態が長期間維持されています。一般的にこの効果は4~6ヶ月持続されると言われています。

手順としては次のようになります

  1. 徹底したPMTCをおこなう。
  2. 患者さんの口にあった専用トレーに抗菌ゲルを入れる。
  3. 患者さんの口の中に装着して5分間保持する。
  4. 洗口していただく。
  5. 家庭では、1日1~2回トレーにフッ素含有のジェルを入れて、5分間維持し歯の表面に作用させます。

※これを1週間毎日つづけると、その間に形成されるバイオフィルムの中にはムシ歯菌が含まれなくなります。実施回数が同じでも、集中して行ったほうが間隔をあけるより効果があるといわれています。

3DSが必要な方

  1. ムシ歯になりやすい方(ムシ歯の発生を防ぎ、進行を抑制します)
  2. 乳歯にムシ歯が多いお子さま(永久歯へMS菌が感染するのを予防します)
  3. ムシ歯が多発するお母さま(3DSでMS菌を除菌し、母子感染を予防)
  4. 唾液分泌量が減少している方(歯根のムシ歯、冠の周りのムシ歯を予防します)
  5. 歯周病の方(歯周病に効果のある薬剤を使います)

大切なお子さまの歯をむし歯から守るために

前述したように、歯が1本も生えていない新生児の口の中にはミュータンス菌はいません。
ミュータンス菌は生後19ヶ月から31ヶ月くらいの時期に母親から唾液などを通して感染するといわれています。小さいお子さまがいらっしゃる方は、家族全員が3DSを行い、むし歯菌をなくして、子供に感染するのを防ぐことが大切だと考えられます。

PMTC

PMTC 歯科医師、歯科衛生士によって、歯垢、歯石を機械的に除去してもらうことをPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といいます。

予防先進国のアメリカや北欧諸国では、大半の人が定期的に「PMTC」を受けており、虫歯の罹患率や歯の喪失数が日本と比べて圧倒的に少なく済んでいます。

PMTCのメリット

  • 歯周病(歯槽膿漏)や歯肉炎など歯周疾患の予防や改善。
  • 虫歯菌によって作られたバイオフィルムを破壊することにより虫歯を予防。
  • 歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ。

など様々な効果があります。しかも早く、痛みもなく、これらの効果が得られます。