訪問歯科診療

岩間歯科では訪問歯科診療の充実をはかり、世田谷区を中心にほぼ毎日診療を行っています。
※交通費やお礼は一切いただきません。

まずはお電話ください

Tel:03-3704-8281

最初に「訪問診療について」とお申し付けくださるとスムーズに対応できます

介護が必要な方・車椅子の方・お身体に障害を抱えている方等、お一人での通院が困難な方が対象です。

こんな時はお気軽にご相談ください

訪問診療
  • 入れ歯が合わない
  • 歯が痛い
  • うまく噛めない
  • 口臭がきつい
  • 食事をよくこぼす
  • うまく飲み込めない
  • 口内炎がよくできる
  • 寝たきりでお口の中が心配
  • 長い間歯医者さんに行っていない

摂食機能療法とは

「食べたいと思う物を,最期まで楽しく口から食べる。」という当たり前な行為の実現を目標とした診療です。

患者様が安全かつ食生活を楽しめるよう、心身機能 の改善を図り、 患者様に合わせた食事や栄養摂取のスタイルの確立を目指します。

当院では岩間一実の指導のもと多くの歯科医師、歯科衛生士が摂食機能療法を学び実践しております。

口腔ケアの効果

全身感染症の予防

口の中の細菌を減少させ、全身感染症を予防。

コミュニケーション機能の回復

構音機能の維持・回復によりコミュニケーション機能を回復。

口腔感染症の予防

むし歯や歯周病などの疾患やカンジダ性口内炎などの口腔内感染症を予防。

口腔機能の維持・回復

咀嚼(そしゃく)機能の改善および摂食・えんげ障害の改善、口腔機能の低下や廃用症候群の予防。

お身体の状態やQOLの向上

経口摂食を促し、低栄養や脱水を防ぐことより、体力の回復や意欲の向上、全身状態の改善。

よくある質問

どんな方でも来てくれるのですか?

お一人で通院が困難な方が対象です。
介護が必要な方・車椅子の方・お身体に障害がある方等。

どんな方でも来てくれるのですか?

保険診療が適用されます。
詳しい料金や治療期間などは随時ご相談ください。交通費はかかりません。

どのような方法で治療してもらえるのですか?

歯科機材をご自宅に運んで、自宅内で治療します。

寝たきりの方でも治療や口腔ケアはしてくれますか?

もちろん対応できます。

介護保険が適用になるのはどんな方ですか?

在宅で要介護認定を受けられている方のみ適用になります。
歯科医師または歯科衛生士が行う介護サービスを「居宅療養管理指導」といいます。

歯科医師または歯科衛生士が行う「居宅療養管理指導」とはなんですか?

歯科医師や歯科衛生士がご自宅え伺った際、患者様やご家族に対して計画的な医学的管理に基づき、療養上の実地指導や必要な情報をケアマネージャー等に行うことです。

歯科医師または歯科衛生士が行う「居宅療養管理指導」とはなんですか?

歯科医師や歯科衛生士がご自宅え伺った際、患者様やご家族に対して計画的な医学的管理に基づき、療養上の実地指導や必要な情報をケアマネージャー等に行うことです。

「居宅療養管理指導」をケアプランに組み込む必要はありますか?

組み込む必要はありません。訪問介護や訪問入浴等の介護サービスとは違う別枠の介護サービスになります。

「居宅療養管理指導」を受けることにより、支給限度基準額を超えてしまっても問題はないのですか?

問題ありません。支給限度基準額に関係しない別枠の介護サービスになります。

ご予約・お申し込みは簡単

お電話一本でお伺いします!!
歯科医師と歯科衛生士がお約束の時間に、ご自宅や施設にお伺いいたします。

訪問歯科診療の進め方

電話またはFAXでお申込み

Tel/FAX :03-3704-8281

来てほしい日時を決める

ご本人様やご家族様のご都合を優先します。

健診

お口チェックとお身体の健康状態を考慮しり治療計画を立てます。

治療開始

治療・口腔ケア・口腔リハビリを開始します。

治定期検診

お口やお身体の健康維持のため定期的にお口のケアをしましょう。

費用について

患者様のお持ちの健康保険証が適用されます。
交通費やお礼は一切頂きません。

健康保険

後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方 定率1割または3割
障害者認定を受けられている方 各市町村の助成と同様の扱い
生活保護を受けられている方 費用はかかりません

さらに、ご自宅で要介護認定を受けられている方の場合は介護保険も適用されます。

介護保険

  • 1回503円(月2回まで)
  • 1回352円(月4回まで)
介護保険によるもの 1回:503円(月2回まで)
歯科衛生士によるもの 1回:352円(月4回まで)※訪問先によっては1回300円

4人に1人が老年者という超高齢化社会の現在歯科治療を必要とする高齢者も増え続けています。

平成25年3月末時点で日本の要介護認定を受けている人口は561万人
介護保険制度が始まった平成12年4月時点では218万人でしたのでわずか13年で2.5倍以上になりました。

数年前の厚生労働省の調査によりますと、要介護者の72.4%は何らかの歯科治療が必要であるのに対し、実際に治療を受けたのはわずか26.9%というのが実情でした。
この数字を現在に当てはめると約112万人にものぼります。
これらの実態からも訪問歯科診療は確実に必要性が増してきています。

ところが数年前のデータですが、訪問歯科診療の実施率は18.6%しかありません。
この実施件数はすべての要介護高齢者を対象とした月1回の定期的管理を中心とした在宅歯科医療サービスを想定した場合、わず3.6%の充足率に過ぎません。

居宅療法管理指導 介護保険における居宅療法管理指導では、歯科医師による実施は4.0%、歯科衛生士による実施は2.7%しかないのです。施設における訪問歯科診療は増加傾向にありますが、居宅への実施をしている歯科医院は減少傾向です。

さらに、平成20年度に在宅又は社会福祉施設等における療養を歯科医療両面で支援する目的で創設された在宅療養支援歯科診療所の数は平成23年2月の時点でわずか4,028診療所なのです。